ホームインスペクション内容

①外部検査では、基礎や外壁、屋根や軒裏、バルコニーについて目視や計測をいたします。

②室内検査では、床や壁の傾きを計測します。サッシや建具の状態も確認します。

③床下検査では、点検口から覗ける範囲で基礎や土台、給排水、シロアリの確認をします。
④小屋裏検査では、点検口から覗ける範囲で接合金物、構造木材、雨漏りの確認をします。

⑤天井裏検査では、点検口から覗ける範囲で接合金物、構造木材、雨漏り、給排水の確認をします。

※延べ床面積が125m2以上の場合は別途お見積もりとさせて頂きます。

(1m2ごと(端数切捨)に500円(税別)となります)

​※設計図書(平面図)が無く、新たに作成をご希望の場合 +20,000円(税別)となります。

報告書 サンプル
​耐震診断内容

①高知県登録の耐震診断士(一級建築士)が現地調査を行い、診断をします。
②検査終了後、報告書と平面図の作成をし 後日提出します。

 

※耐震診断は、木造の建物が対象となります。​
 

​シロアリ検査内容(詳細調査)

①シロアリ専門の知識を持ったスタッフが検査員(一級建築士)と共に現地へ伺います。
②まずは外回りの調査から行います。
③次に室内の玄関や浴室、勝手口など目視できる所を調査します。
④次に床下の調査を行います。

(被害の有無、シロアリの有無、床下の環境などを詳細調査します。)
⑥調査終了後、報告書の作成・見積書(メンテナンスが必要な場合)の提出をいたします。

※点検口が必須となります。必ず事前にご確認下さい。また進入できたとしても、障害物等何らかの理由により内部全てをくまなく目視できない場合でもオプション費用が発生します。

​オプション検査内容

①給水管・給湯管の発錆による赤水がないかを目視と聞き取りにより確認します。
②キッチンコンロ、換気扇やパッケージエアコン等の作動不良の有無を確認します。
③外構では、門・塀等の工作物、車庫、擁壁などの目視可能な範囲の調査をします。

 

※診断時に電気・水道が使用できない場合、その関連項目は対象外となります。​